初心者からベテランまで楽しめるHONDA CBR250R

2011-09-11

エントリーユーザーからベテランまで楽しめるCBR250R

CBR250Rは、市街地の走行から郊外のツーリングまで、幅広い用途で扱いやすいロードスポーツモデルにしあがっています。 メーカー希望小売価格は44万9,400円(スタンダードタイプ)と大変お求め安い価格となっています。

CBR250Rの開発にあたっては、エントリーユーザーからベテランまでの幅広いお客様の期待に応えるとともに、世界各国の市場に適合するサイズや嗜好に合うスタイリングなどを反映したグローバルモデルの確立という高い目標を掲げました。開発の指針を“Sport Quarter for One World, CBR250R”とし、新開発のトラス構造フレームと軽量・コンパクトな水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・単気筒250ccエンジンを搭載。また、VFR1200FやCBR1000RRで採用している、Hondaのフルカウルスポーツモデルの最新デザイン理論「マス集中フォルム」を基に、ダイナミックかつスポーティーなスタイリングを実現し、所有する喜びと操る楽しさを高い次元で両立しています。

CBR250Rパールスペンサーブルー パールスペンサーブルー

キャンディールビーレッド キャンディールビーレッド

アステロイドブラックメタリック アステロイドブラックメタリック

スペック 車名・型式:ホンダ・JBK-MC41 全長(m):2.035 全幅(m):0.720 全高(m):1.125 軸距(m):1.370 最低地上高(m):0.145 シート高(m):0.780 車両重量(kg):161〔165〕 乗車定員(人):2 燃料消費率(km/ℓ):49.2(60km/h定地走行テスト値) 最小回転半径(m):2.5 エンジン型式:MC41E エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒 総排気量(cm3):249 内径×行程(mm):76.0×55.0 圧縮比:10.7 最高出力(kW[PS]/rpm):20〔27〕/8,500 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):23〔2.3〕/7,000 燃料供給装置形式:電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉 始動方式:セルフ式 点火装置形式:フル・トランジスタ式バッテリー点火 潤滑方式:圧送飛沫併用式 燃料タンク容量(ℓ):13 クラッチ形式:湿式多板コイル・スプリング式 変速機形式:常時噛合式6段リターン 減速比(1次/2次):2.807/2.714 キャスター角(度):25°30′ トレール量(mm):98 タイヤ(前):110/70-17M/C 54S タイヤ(後):140/70-17M/C 66S ブレーキ形式(前):油圧式ディスク ブレーキ形式(後):油圧式ディスク 懸架方式(前):テレスコピック式 懸架方式(後:スイングアーム式(プロリンク) フレーム形式:ダイヤモンド 備考 – 〔 〕内はABS 仕様